マッチングビジネスを始めるまでの大まかな作業手順

今日は、マッチングビジネスを始めるまでの大まかな作業手順をお話します。
主にマッチングサイト作りの手順となります。

最初に大枠を把握しておけば、自分が今どの段階にいるのか、どこを目指しているのかを見失いません。
また、このページを定期的に見返すことで、あなたの作業指針となるでしょう。

「群衆型ビジネス」に群がっている人が稼げない理由のひとつは、情報を取捨選択できないことです。

群衆型思考の人は常に新しい情報を収集していますから、私などより多くの知識をもっている人もいます。
しかし、情報を取捨できないために、やっては立ち止まり、立ち止まってはやり直し、やり直しては新しい情報に群がる……それの繰り返しです。いつになってもビジネスという大冒険のスタートボタンを押すことをしません。

その間にも、「とにかく始めてみた人」は稼ぎ始めているのにです。

特に「英雄型ビジネス」のひとつであるマッチングビジネス(マッチングサイト)においては、早く始めた方がよい明確な理由もあります(後述)。

参考「英雄型ビジネス」と「群衆型ビジネス」を理解していない場合、まずは『まだ疲弊してるの?「群衆型ビジネス」では稼げない理由』などを読むことをお奨めします。
今日のポイント

いよいよマッチングサイト作りの解説に入ります。ゲームの中の英雄には、それをやらないとストーリーが進展しない「絶対にやらなければならないイベント」があります。ここでお話する手順はそれです。必要最低限の骨子ですから十分に理解してください。

それでは早速、始めましょう。

1.ユニーク・ジャンルを選定する


あなただけのユニーク・ジャンルを選定(絞り込み)します。

これがマッチングビジネスにおける最も重要な手順です。
この手順で間違いさえしなければ、どんなに、どんなに少なくとも毎月数万円の収入は確約されます。

ユニーク・ジャンルの選定方法

選定方法は『ジャンルを絞る!ビジネスで成功するユニークジャンルの見つけ方』を参照してください。

2.マッチングサイトを作る

2-1.マッチングサイトの役割

マッチングサイトを作る目的(役割)を明確に理解しておかないと、単なる日記ブログになってしまいます。

マッチングサイトは次のような役割を果たします。

マッチングサイトの役割
  • 専門的な情報を発信し、あなたがそのジャンルの専門家であることを認識してもらう(集客する)。
  • あなたが紹介する商品(サービス)を購入してもらう。

ひとつずつ簡単に解説します。

専門家であることを認識させ、集客する

集客に欠かせない要因のひとつは、販売者(運営者)が専門家であることです。逆説的には、専門家が専門的な情報を発信するだけで、見込み客を集客することができます。

そして、この情報発信の媒体としての役割を担うものがマッチングサイトです。

私が運営している『残業代バンク』をご覧いただければわかりますが、いわゆるブログの形態を想像してもらえれば構いません。

紹介する商品(サービス)を販売する

もともとその悩みを解決したい、且つ、あなたを専門家と認識した見込み客ですから、この時点で既に商品(サービス)の価値を高く感じています。
さらに、あなただけの「強力なコンセプト」を提案することで、商品(サービス)購入の意思決定してもらうことができます。

そして、この強力なコンセプトを提案し、販売の媒体としての役割を担うものがマッチングサイトです。

これは『残業代バンクの販売ページ』をご覧いただければわかりますが、「ランディングページ」や「セールスレター(セールスページ)」と呼ばれる形態のものです。

注意

私が運営していた『残業代バンク』は既に他者に売却済みです。よって、『残業代バンクの販売ページ』は稼働していないサンプル的なページです。本来はひとつのサイトに「情報発信の役割」と「販売の役割」の両方を役割を持たせます。

2-2.マッチングサイトはオウンドメディア

前記の2つの役割を果たすための最適な方法は「オウンドメディアの運営」です。

オウンドメディアとはメディアの種類を表す言葉であり、直訳すると「(あなたが)所有するメディア」です。

参考オウンドメディアが最適な方法である理由も、『ジャンルを絞る!ビジネスで成功するユニークジャンルの見つけ方』で詳しく解説しています。

では、「あなたが所有するメディア」は何で作るのか

WordPress(ワードプレス)』という、サイトやブログを簡単に作成できる無料サービスを利用して作ります。
※ワードプレスは無料サービスですが、これを設置するドメインの取得やサーバーのレンタルには年間3,000円前後の費用がかかります。

「ワードプレスってなに?」「聞いたことはあるけど全然わからない」というパパも心配しないでください。

あなたが検索して閲覧しているサイトのほとんどはワードプレスで作られています。そして、爆発的に利用者が増えた理由のひとつは「誰でも簡単にサイト(ブログ)を作れるから」です。
もちろん、必要に応じて私からもシェアしていきますのでご安心ください。

補足

マッチングサイトを作るにあたっての、言い換えると、マーケティングの観点から絶対に外してはならないポイントは次の2つです(これは別の機会にシェアさせていただきます)。

  1. 情報(記事)を読んだ見込み客を、販売ページにスムーズに移動させる。
  2. 販売ページで購入をスムーズに意思決定させる。

3.記事を書く

3-1.量より質

記事を書く目的は、「あなたがそのジャンルの専門家であることを認識してもらうこと(集客すること)」でしたね。

「ブログで集客したいなら、まずは100記事を書きなさい」というノウハウを見聞きすることがありますが、必ずしも正解ではありません。
マッチングサイトにおいては、ほぼ不正解です。

専門家は、内容の薄い記事を量産しません。
内容の薄い記事を量産すれば、専門家どころか「上辺だけのなんちゃって専門家」というレッテルを貼られます。

専門家は、自分の知識や経験を活かしたユニークな(独自の)記事を時間をかけて手作りします。
ユニークな記事を時間をかげずに量産できれば最良ですが、それは極めて困難です。

事例残業代バンク』は実質27記事で運営していました。たったの27記事でも3千6百万円の副収入を得ていることが何よりの証拠です(質の高い記事数を増やせば増やしただけ収入は増えます)。

3-2.SEOとはGoogleが好む記事を書くということ

将来的に、あなたのマッチングサイトへのアクセス(流入)の多くは検索エンジン経由になります(ならなければなりません)。
悩みの解決方法をGoogleやYahooで検索し、あなたのマッチングサイトを見つけ、アクセスしてもらうということです。

あなたのマッチングサイトを見つけてもらうためには、検索結果の上位に表示されなければなりません。

検索結果の上位に表示されるための対策を「Search Engine Optimization」の略で「SEO」と呼称しますが、詰まるところ、SEOとはGoogleが好む記事を書くということに他なりません

ここでは細かい話は割愛しますが、これだけは忘れないでください。

  • Googleはユニークな記事が大好物です。
  • Googleは他のブログに書かれている情報などをコピペしてまとめただけの記事は嫌いです。
事例残業代バンク』における、検索エンジン(GoogleとYahoo)経由でのアクセスは全体の83%以上を占めます。
補足

Yahooは2010年7月からGoogleの検索技術を利用していますので(2001年から2004年の間も利用していましたが)、Yahooの検索結果の上位に表示されるためにも同様です。

3-3.今すぐ記事を書かなければならない

そもそも、上位表示される明確な基準は公開されていません。だからこそ、ああでもないこうでもないと推測が飛び交っているのです。

しかし、上位表示される基準の中には、ほぼ間違いなく時間的価値が含まれています。

例えば、現在お読みいただいている当ブログ「パパセンス」の事例ですが、8記事を書いたまま1年間放置していたところ、PV数(ここではアクセス数のようなものと捉えてください)が5倍に膨れ上がっていました。

具体的には、月間2,000PVから、月間10,000PVです。
月間10,000PVという数字は威張れるものではありませんが、「時間的価値がSEOにもたらしている影響は少なくない」と言うには十分な事例です。まったくの放置でしたから。

※この「8記事」は、マッチングビジネス関連ではなく、「クロネコポイントの貯め方」や「移転登記のやり方」などの正に趣味で書いていたお役立ち記事です。

つまり、少しでも早く検索結果の上位に表示され、少しでも早く集客し、少しでも早く稼ぎたいなら、今すぐに記事を書き、時間的価値の恩恵も受けなければならないということです。

4.販売ページを作る


「ランディングページ」や「セールスレター(セールスページ)」とも呼ばれている、実際に商品(サービス)を注文してもらうページです。

現在の『残業代バンクの販売ページ』は実際に運用していたものではありませんが、商品(サービス)のコンセプトなどを提案し、購入の意思決定を促します。

注意繰り返しですが、『残業代バンク』は既に他者に売却済みです。そのため、「記事」と「販売ページ」が別のサイトに分割されていますが、本来はひとつのサイトにまとめます。

ここには、購入の意思決定をスムーズにするために少なくないマーケティング手法を用いますので、別の機会にシェアしますね。

5.商品(サービス)を完成させる


ユニーク・ジャンルを決定した時点で、商品(サービス)も決定しているはずです。
なぜなら、ユニーク・ジャンルを絞り込みには、具体的な商品(サービス)イメージが不可欠だったからです。

参考ユニーク・ジャンルの選定方法は『ジャンルを絞る!ビジネスで成功するユニークジャンルの見つけ方』で詳しく解説しています。

では、商品(サービス)が完成してから集客に関する作業(前記のマッチングサイト作りや記事執筆など)を始めるべきか?

……答えはNOです。

あなたの販売する商品(サービス)の内容にもよりますし、集客に関する作業と同時進行で仕上げておくべきですが、完成前に販売を開始しても構いません。
むしろ、「商品(サービス)の完成」よりも「集客」を優先してください

極論、まったく集客できなければ、商品(サービス)を完成させるだけ無駄だからです。

群衆型思考のままでは、安心感を得るために設計や準備に時間と労力を費やし、疲弊し、スタートボタンも押すことができません。そして、次の目新しいビジネスに群がるだけです。

しかし、英雄型思考に切り替わっているあなたは、設計や準備は最低限にし、とにかくスタートボタンを押します。そして、ビジネスの修正に時間と労力を費やすのです。
どんなに優れた起業家であっても、最初から完璧な設計図など描けません。

商品(サービス)を購入してくれたお客様に迷惑をかけることはしてはなりませんが、それもやり方次第です。

6.最後に


これが、マッチングビジネスを始めるまでの大まかな作業手順です。

さて、もしかすると「少し難しいな」と感じてしまったパパがいるかもしれないので、ここで朗報をお伝えします。

実は、1~5の手順(工程)は2段階のステージに分けることができます

1段階目は「小さく稼ぐステージ」、2段階目は「大きく稼ぐステージ」です。

ステージ 工程 収入源
小さく稼ぐ 1.ユニーク・ジャンルを選定する
2.マッチングサイトを作る
3.記事を書く
広告の掲載
(GoogleAdSenseなど)
大きく稼ぐ 4.販売ページを作る
5.商品(サービス)を完成させる
マッチングビジネス
(商品販売、サービス紹介など)
GoogleAdSenseとは?

GoogleAdSense(グーグルアドセンス)とは、Googleが提供する無料サービス。あなたのサイトに、サイトの内容に関連するなどの広告が自動で掲載され、広告がクリックされる度に数円から数百円の報酬が支払われる。

私の経験上、あなたが苦戦を強いられるとすれば、その工程は「4.販売ページを作る」と「5.商品(サービス)を完成させる」です。

これに対して、技術的なことを抜きにすれば、その前工程である「3.記事を書く」までは比較的容易に達成できるはずです。なぜなら、あなたが既に持っている知識や経験を活かした記事を書くだけだからです。勿論、記事の書き方は学ばなければなりませんが。

そして、「3.記事を書く」までを達成できている(継続できている)ということは、あなたのマッチングサイトのアクセス数は少しずつ増えている状態です。

ニッチなユニーク・ジャンルの専門情報を発信しているのですから、アクセス数がぐーんと増えるわけではありませんが、GoogleAdSenseには「サイト(記事)の内容に関連する広告が自動で掲載される」という特徴があります。
あなたのユニーク・ジャンルに関連する広告が掲載されれば、ネット上に溢れる雑多ブログよりも多くの報酬を発生させることも不可能ではありません。

あなたの最初のゴールは、マッチングビジネスでの注文を獲得し、大きく稼ぐことです。
しかし、GoogleAdSenseを活用して小さく稼ぐことをマイルストーン(通過点)にすることで、「英雄型ビジネス」の優位性を実感してもらえることでしょう

「まずは小さく稼ぐステージまでやってみよう!」と感じてもらえたなら、次回のシェアも楽しみにしていてください。

以上、パパのセンスが高まれば幸甚です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。